ワーキングママの1人旅子連れ旅

2016年ANAプラチナステータス取得。SFC修行の記録、現地での過ごし方など。海外弾丸トラベルも。

【SFC修行 第6回-9】番外編 弾丸シンガポール 2日間 妄想グルメの旅

もし、1人または大人2人でシンガポールに行ったら、を妄想してみました。

想定は、先日の子連れ旅行と同じ

往路 金曜18:05成田発 土曜0:15シンガポール
復路 月曜0:35シンガポール発 8:45成田着

土日まるまる遊ぶことができます。

ビジネスクラスのバグ運賃はそう出ないだろうから、エコノミーかプレエコ前提。ラウンジ利用なし。

シンガポール現地での食に全魂を注ぎます

といっても、食だけでなく観光も盛り込みますよ。

きゃ〜、妄想って楽しい♫


妄想プランですので、実際に行ったことのある場所以外は、写真がありません。

以下、ブログなどへのリンクがメインになりますので、ご了承ください。


SFC修行 朝から晩まで食べ尽くす』の旅程(妄想)を公開

行きたかったと思っていた店、場所をふんだんに盛り込んだ、ザ・ワーキングママ・スペシャル(子供は日本でお留守番)の旅程です。

個人的な趣味、趣向に偏ってますw

食に関するのは赤字の8件。

無理のないよう、
朝食、昼食、軽食、夕食の1日4食×2日間
にしました。

SFC修行僧にとって、羽田那覇1日2往復は当たり前⁉️
Premiu GOZENの朝食、昼食、夕食とSABOをいただくようなもんですよね、はい。

テーマはこれ
チキンライスに始まり、チキンライスで終わる

《1日目》
8:00 起床
9:00 チャイナタウン探索
10:00 ホーカーズの天天海南鶏飯で朝食
11:00 ラッフルズでラグジュアリー体験
12:00 マーライオンと記念撮影
13:15 フラトンホテルJadeで週末限定飲茶ビュッフェ 15:30 大人のテーマパーク『ハウパーヴィラ』
17:30 マリーナベイサンズのTWGでお茶
18:30 ガーデンズバイザベイ
19:45 or 20:45 ガーデンズバイザベイのナイトショー
21:30 ノーサインボード エスプラネード店で夕食
21:30 or 23:00 噴水ショー(ワンダフル)

《2日目》
9:00 オリジナル・カトン・ラクサで朝食
10:00 カトン地区探索
12:00 グランドハイアット10scottsでハイティー兼昼食
14:00 オーチャード地区でお買い物
16:00 クリスタルパビリオンのルイ・ヴィトン
17:00 マリーナベイサンズのフードコートで小腹満たす
18:00 マリーナベイサンズのスカイデッキで日没まで
20:00 イベントプラザより噴水ショー(ワンダフル)
21:00 マンダリンオーチャードチャターボックスで夕食
22:00 荷物を受け取り、空港へ


1日目は、チャイナタウン→シティ→(ハウパーヴィラ)→マリーナ

2日目は、カトン→オーチャード→マリーナ→オーチャードに戻り、空港へ

を巡ることになります。


ホテルは、マンダリン・オーチャードか、グランドパーク・オーチャード

さて、ホテルはどこにしようかしら〜。

全体的にマリーナ・ベイの周辺にいることが多いんですよね。

もちろん、マリーナ・ベイサンズの宿泊も考えました。 が、ホテルライフを満喫する日が必要になります。
弾丸食い倒れツアーには向いてない。

時間を無駄にしないために、オーチャード地区のホテルにします。

  • 買い物後に荷物置きにホテルに戻る時間を削減
  • 最後にスーツケースを取りに戻る時間を削減

これで完璧です!笑



シンガポール1、2を争う人気。天天海南鶏飯のチキンライス

シンガポール初日の朝食は、
チャイナタウンのホーカーズ『マックスウェル・フード・センター』にある天天海南鶏飯のチキンライスです。

朝からチキンライス〜、と思うでしょ?

大丈夫です。
Sサイズ(3.5SGD 約280円)
があります。

ここの営業時間は10:00〜19:00(なくなり次第終了)、月曜定休日です。

昼前から行列ができるので、そういった点でも朝1番はオススメです。

この後は、ラッフルズホテルでセレブ体験。
サニーヒルズのパイナップルケーキの購入も忘れずに。

そして、マーライオンの前でおきまりの撮影会。
噴水の水を飲んだり、指でつまんでみたり〜


予約必須。フラトンホテル JADEの週末限定飲茶ビュッフェ

「飲茶が美味しいので是非試して欲しい」と言ったシンガポール在住の友人のオススメはここ。

マーライオンの近く、フラトンホテルの創作中華レストランJADEでは、土日限定で飲茶のビュッフェをやっているそうです。

営業時間は
11:00〜12:45(12:15 L.O.)
13:15〜15:00(14:30 L.O.)
の2部制
で、

大人38SGD 子供(6〜11歳)半額
これにサービス料と税金が加算されます。

ドレスコードスマートカジュアルです。

調べる限り、はずせないメニューは、
アワビ焼売、羽根つき餃子、エビ蒸し餃子、チーズ入り揚げ餃子、エビわさびマヨ、酢豚
あたりでしょうか。

さて、腹ごしらえできたので、少し遠出します。

ブログで見て気になっていた、シュールな大人のテーマパーク『ハウパーヴィラ』です。

ここはハードすぎるという方は、マリーナベイサンズのカジノで軍資金稼ぎもいいかも。


水路の橋の上のTWG Tea on the bridge で休憩

ここには絶対行っておきたい(けど、行けなかった)、それが、マリーナベイサンズのショッピングセンター内にある、TWGです。

2店舗ありますが、水路の橋の上で、ゴンドラを見ながら優雅な気分を味わえる方の店舗に行くことにします。
きっと、写真撮りまくり〜♫

カロンやケーキと一緒にTWGの紅茶をいただくのもいいですが、こちらの紅茶アイスも気になってます。

この後は、夕方〜夜のガーデンズバイザベイに行き、夜の光のショーも楽しみます。

TWGからは、ショッピングアーケードの【ガーデンズバイザベイ】と書かれている長ーいエスカレーターを上って、マリーナベイサンズのタワー1を突き抜けている連絡橋(Lions Bridge)を通るのが便利です。


ノーサインボード エスプラネード店でマリーナベイサンズのショーを見ながらチリクラブを食べる

1人もしくは大人だけだからできること、
それは夜遅く食べ歩く、そして辛いモノを食べる

シンガポールのスパイシー料理の代表、チリクラブは欠かせないです。

品川にあるシンガポール・シーフード・リパブリックでチリクラブを食べたことがありますが、あのソースの美味しさと、カニを身を出す作業を終えた時の達成感が忘れらません。

あ〜、あのソースをパンにつけて食べたい


さて、有名なチリクラブのお店はいくつかありますが、ここは二兎を追って、チリクラブとマリーナベイサンズのショーの両方楽しめる、エスプラネードにあるノーサインボードに行きます。

カニは時価が基本ですが、
他の店で、チリクラブぼったくりの情報もあったので、注文時に価格は聞いておいた方がいいでしょう。

営業時間は10:00〜22:30
きっと同じこと考えている人が多いはずなので、予約は必須ですね。

これにて1日目終了。
明日朝は荷造りして、チェックアウトしてから、少し遠出しカトン地区へ行きます。


本家本元のオリジナル・カトン・ラクサのラクサ

2日目の朝は、カトン地区にあるオリジナル・カトン・ラクサのラクサをいただきます。

またもや「朝からこんなモノを」と思われるかもしれませんが、
ご安心ください。3サイズあり、
Sサイズ 4SGD(約320円)
です。

ここの営業時間は9:00〜17:00
早い時間から開いているので、
是非とも、魚介とココナッツミルクを合わせたまろやかスパイシースープを飲み干したいものです。

中心地から少し遠いカトンまで来たので、
パステルカラーで可愛らしい街並みを見ながら散歩し、オーチャードへ戻ります。


駐在妻に人気。グランドハイアット 10SCOTTSのハイティー

2日目の昼食は、優雅な時間と雰囲気を楽しむアフタヌーンティー(ハイティー)です。
弾丸食い倒れツアーと対極にありますね〜笑

シンガポールには、多くのアフタヌーンティーがあり、どこも素敵✨
こればかりは悩んでしまいました。

今回はランチを兼ねたかったので、
甘いモノ以外も充実していて、ランチ時間帯にもやっている、オーチャードのグランドハイアットの10Scottesを選びました。

営業時間は
12:00〜14:30
15:00〜17:00
の2部制
で、

53SGD 月〜金は43SGD、4〜12歳は26SGD
これにサービス料と税金が加算されます。

ここのスコーンは、「シンガポールで1番美味しい」と人気だそうです。
シンガポール名物のカヤジャムを付けて、是非とも食べてみたいです♡

優雅な時間を過ごした後は、オーチャードでお買い物。
高島屋のコールドステージでお土産を買うもよし。

その後は、またマリーナベイサンズのショッピングセンターへ。

行ってみたかったクリスタルパビリオンの「ルイ・ヴィトン・アイランド」へ潜入。

たとえ買えなくても、このスタイリッシュな空間に入るだけで満足できそうです✨


マリーナベイサンズのフードコートにある泰豊のホッケンミー

お昼にランチ兼アフタヌーンティーを堪能したので、今回は任意です。

想定としては、小腹がすいたので、マリーナベイサンズのショッピングセンターに入り、フードコート『ラスプラマスターズ』に行くことにします。

食べ忘れてるものはないですか?
帰国して後悔しますよー。

という時のためにも、このフードコート、とても便利です。

フィッシュボールヌードル、バクテー、ホッケンミーなどのシンガポール名物が揃ってます

実際に食べた、泰豊のホッケンミーの記事です。

そして、ショッピングセンターのπの字の右足の方(フードコートに近い方)の地下道から、マリーナベイサンズに行きます。

タワー3から展望台に行き、日没の19時過ぎまでの景色の移り変わりを楽しむのもいいでしょう。

その後は、またショッピングセンターに戻り、外のイベント・プラザで、噴水ショー(ワンダフル)を見ます。

昨日はエスプラネード側から、マリーナベイサンズから照射されるレーザーとライトアップを楽しみました。

今日はマリーナベイサンズ側から、噴水のスクリーンに映し出される映像を楽しみます。


最後の晩餐は、チャターボックスのチキンライス

急いでオーチャードに戻り、最後の晩餐です。

最後は、「ここで合わないなら、チキンライス食べちゃダメ」と言われているくらい、上品で美味しい、チャターボックスのチキンライスです。

実際に食べた、チャターボックスのチキンライスの記事です。


妄想食い倒れの旅にお付き合いいただきありがとうございました。

完全に自己満足の記事になってますね〜。

次回は、観光編の予定です。