読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングママのANA SFC修行 2016

2016年SFC取得。修行の記録、現地での過ごし方など。海外弾丸トラベルも。

【SFC修行 第6回-7】チャンギ空港 シンガポール市内へのアクセス 市内のタクシー事情

今回は、空港から市内へのアクセス、タクシー料金についてお伝えします。

1人で2人の幼児を連れてのシンガポール
0:15にシンガポールチャンギ国際空港に到着し、タクシーでホテルに向かいました。

日中も徒歩かタクシーで移動しました。

物価が高い言われているシンガポールですが、タクシー代は安いです❗️


タクシーでマリーナエリアのホテルまでは約25SGD

空港から市内までのアクセス方法はいくつかあります。

  1. MRT(電車)
  2. エアポートシャトル(乗り合いタクシー)
  3. タクシー
  4. Uberのライドシェア(乗り合いタクシー)


1. MRT(電車)

MRTだと市内まで平均2SGD(160円)とお安く行くことができます。
ただし、24時間運行ではなく、最終は23時半頃までなのでご注意を。
私達は深夜チャンギ空港着だったので、選択肢からは外れました。


2. エアポートシャトル(乗り合いタクシー)

エアポートシャトルは大人9SGD、子供6SGDなので、大人1人子供2人で21SGDかかります。
9人乗りのメガタクシーなので、最悪の場合は、9番目に滞在ホテル到着ということになり、所要時間が読めません。
また、セントーサ島には行かないので要注意です。
あまりお得感ないので、選択肢から外れました。


3. タクシー

チャンギ空港到着ロビー出たすぐに、タクシー乗り場はあります。
わかりやすい案内板があるので、迷うことはありません。

ちなみに、タクシー乗り場には、車椅子、妊婦、子連れを対象にしたプライオリティレーンがあり、並ばずに乗れました

気になる料金ですが、

  • タクシーはメーター制
  • 深夜割増料金(0〜6時): 50%追加
  • ロケーションサーチャージ:5SGD
  • クレジットカード払いの場合: 10%追加

と、追加料金が多いですが、
25SGD(約2,000円)でマリーナエリアにあるホテルまで行くことができました。

ちなみにマリーナエリアにあるホテルまでは約15分で到着しました。


4. Uberのライドシェア(相乗りタクシー)

Uberのライドシェア(uberPOOL)の体験談がありましたので載せておきます。

1人プラス同乗者1人で、料金は約11SGDだったそうなので、1人あたりの料金は、エアポートシャトルとあまり変わらないイメージです。
ですが、9人相乗りになるよりは、2人相乗りの方がメリット高い気がします。

こちらが子連れ3人、同乗者が1人の場合、料金がどうなるのかが気になるところです。


市内のタクシー事情

シンガポール旅行時に、あれっ?と思ったことがありました。

マリーナエリア内の移動で、帰りの料金が、行きの料金が約2倍になっていたのです。

タクシー料金は、
初乗り➕メーター加算➕追加割増料金
の合算になります。

1. 初乗り(〜1km)
約3〜4SGD(タクシー会社や車種により異なる)
日本円にすると、240〜320円です。

2. メーター加算
約0.2〜0.3SGD(10kmまで、400mごと)
日本円にすると、1kmあたり40〜60円です。
10km以上、または停止時も似たような金額です。

マリーナマンダリンホテルからマリーナベイサンズまでは1.6km。約4SGD(320円)で行くことができるのです。

なのに、帰りはその2倍の料金がかかりました。

3. 追加割増料金

メーターでは安かったのに、請求される金額が2倍になる理由はここにあります。

深夜料金・ピーク時料金・シティエリア料金・ロケーション料金(空港、マリーナベイサンズ、セントーサ島など)、ERPチャージ、予約料金など、さまざまな追加割増料金が加算されるのです。

おそらく、初乗り➕メーターで4SGDに、ピーク時料金の25%の1SGD、マリーナベイサンズからの3SGDが加算されたのだと思います。

計算上はあっているので、ぼったくりではないと納得しました。

さらに、クレジットカードで支払うと、10%追加になるのでご注意ください。



関連記事

【SFC修行 第6回-6】ホテル マリーナマンダリン デラックスルーム

マリーナベイサンズが見える比較的リーズナブルかつ快適なホテル、マリーナマンダリンを紹介します。


マリーナマンダリンを選んだ理由

せっかくシンガポール行くなら、
マリーナベイサンズ❗️と思ったのですが、
今回予約したANA旅作ではマリーナベイサンズをつけることができませんでした。

そこで考えたのが、まずエリア。
子連れなので、マリーナエリアセントーサ島で迷いました。


と言いつつも、実はもっと最初に悩んだのは時期です。
過去に海外F1観戦を趣味としていた私にとって、

シンガポールといえば、

F1 市街地コース ナイトレース

なんです。

でも、7歳以下の子供には、その爆音から聴覚への影響が懸念され、保護者の免責書へのサインが求められるとか(本当か?)

また、飛行機も街中もすごい混雑、 マリーナベイサンズも恐らくF1関係者のみ入ることができる、 など
異様な雰囲気この熱気と雰囲気が好き♡)でしょう。

泣く泣く諦めました💦


せめて F1コース(の一部)を歩こう

ということで、
シンガポールGP公式ページより拝借)

マリーナ地区のマリーナマンダリンに決定しました。

マンダリンとついていますが、マンダリンオリエンタルのグループとは関係なく
シンガポールのメリタス・ホテルズ&リゾートが運営しています。


ちなみに、同じマリーナ地区のホテル宿泊料金を比較すると、

  • マリーナマンダリン 20,000円程度
  • マンダリンオリエンタル 30,000円程度
  • リッツカールトン 55,000円程度
  • マリーナベイサンズ 50,000円程度

マリーナマンダリンは比較的リーズナブルな5つ星ホテルになってます。


デラックスルーム マリーナベイビュールームからの眺め

マリーナマンダリンは、建物の真ん中が吹き抜けになっていて、回廊型に部屋が並んでます。
RETRIPより写真を拝借。天井を見上げた写真)

三角形のような、五角形のような形で、
頂点がマリーナベイサンズを望む海側、
底辺(スケルトンエレベータのある側)が道路側となってます。

道路側の部屋は、F1の時には最も人気でしょう❗️


私達は、三角形の斜辺の、五角形になりそうなところから少し海よりの部屋でした。

デラックスルーム(一番リーズナブルな部屋)の10階で、運良くマリーナベイサンズを見ることができました。

同じクラスの部屋でも、部屋の位置によって、かなり景色は変わってくると思います。


夜中2時頃


朝6:30頃


朝7:00頃


朝8:00頃

シンガポールは赤道に近いため、日の出時間は1年を通してほぼ7時だそうです。


デラックスルーム 部屋の中


事前にメールで希望を伝えた通りのキングサイズベッド


窓側から入り口を見る


サイドテーブルには、毎日2本、ミネラルウォーターのプレゼントが


トイレとビデ
ガラス張りのシャワー(左)と、バスタブ(右)
バスタブでシャワーを利用しましたが、上の方からかけるとお湯が飛び散るので、座って利用しました。
バスタブは寝転んで足が伸ばせるくらい広く、浅いです。

ドライアー、アイロンも完備。
手洗いした洗濯物は全然乾かなかったので、アイロンが役に立ちました。


お部屋については下記も参考になりました。
2012年は1シンガポールドル=65円だったのね〜。


レイトチェックアウトにも対応

帰国日の出発時刻は真夜中。
子供達に昼寝をさせたいので、事前にメールでレイトチェックアウトをお願いしました。

通常のチェックアウトは12時ですが、
1泊の半分の料金で18時チェックアウトにしてもらえました。
(14時までなら無料という噂もあり)



関連記事

【SFC修行 第6回-5】シンガポール チャンギ空港でSIM購入

iPhoneSIMロック解除と、シンガポールでの現地SIM購入方法についてご紹介します。

海外旅行でインターネットを使う方法

海外旅行でインターネットに繋ぐ方法はいくつかあります。

  1. 国際ローミング
  2. 現地のWiFiスポットを探す
  3. WiFiルータを持っていく
  4. 現地でSIMを購入する


ソフトバンクiPhone(日本で購入したソフトバンク専用端末)で、シンガポールに2日間滞在した場合を想定してみます。


1. 国際ローミング

ソフトバンクには、海外パケット定額サービスというのがあります。
申込みは不要ですが、現地にて、定額対象事業者の設定が必要です。
(これをしないと高額になります💦)

1日最高2,980円(ソフトバンク
現地2日間で約6,000円です。
(ただし日本時間の1日を基準に計算)


2. 現地のWiFiスポットを探す

シンガポールでは政府が無料WiFi「Wireless@SG」を提供してくれているようです。
電波が悪いところもありますが、最大通信速度は2Mbpsで、メール送受信、インターネット、youtubeの動画閲覧は問題ないそうです。


3. WiFiルータを持っていく

日本の出発空港で、海外WiFi用のルータを借りることができます。
例えば、グローバルWiFiで、シンガポール用のものを借りる場合、
安いもので3G用 1日670円(割引後)です。

現地の期間ではなく、出発日から帰国日まで費用がかかるので、
670円×4日+受取手数料500円+税=3,220円 になります。

手持ちのスマホの設定を変えなくても、旅行先の空港到着後からすぐに使用できるのがメリットです。

以前、NYに行った時に使用しました。
ネットワークが不安定になることがあったのと、バッテリーの消耗が早いのが難点でしたが、
SIMロック解除できないスマホを持っている方には便利かと思います。


4. 現地でSIMを購入する

SIMフリー端末を持っている方は、これが一番リーズナブルで便利です。

SIMフリー端末でなくても、
iPhone 6SとiPhone 6S Plusは、2016年3月からSIMロック解除が可能になってます。

私はチャンギ空港でSIMを購入し、iPhoneで使用しました。

この後、詳しく紹介しますが、
SIMは15ドル(約1,200円)でした。



iPhoneSIMロック解除は2ステップ。自宅で無料でできる(ソフトバンクの場合)

ソフトバンクのiPhone 6Sについての方法を記載します。
日本で行うべき、SIMロック解除手続きは2ステップです。
これをしておくと、後は現地でSIMを差すだけです。

1. ソフトバンクSIM解除手続き(契約変更)

MySoftbankの「契約確認・変更」ページのお手続き一覧「SIMロック解除対象機種の手続き」にて、
製造番号(IMEI番号)を入力する

IMEI番号は、iPhoneの設定>一般>情報 から確認できます。

ソフトバンクでは、購入日より181日以降の場合に受付可能となっているので、ご注意ください。


2. 端末のアクティベーション(ロック解除)

WiFiで通信可能な環境で、購入時と異なる通信業者のSIMソフトバンク端末の場合は、ドコモやauなど)を差す

Apple IDとパスワード入力が完了したら、 左上にその新たなキャリア(この場合は、docomoau)の文字が見えるようになります。
これで、ロック解除成功です。


他キャリアのSIMがない場合は、一旦データを消去し、バックアップから復元することで対応可能です。

ですが、復元後の設定など面倒なので、
できるだけ、あらゆるツテを使ってでも、他キャリアのSIMを用意した方がいいでしょう。



チャンギ空港でSIM購入。SIM挿入だけで使用可能

チャンギ空港で買えるSIMはいくつかあります。

私が買ったのは、
SingTel のhi! Tourist SIM
です。

5日間 4GB 15ドル(約1200円)
10日間 14GB 30ドル(約2400円)
の2つのプランがあります。

日数に対しての容量は十分にありますので、
(日本で通信制限がかかるのが、7GB/1ヶ月)
必要な日数で選べばよいでしょう。


SingTelのTourist SIMの良いところは、

  • 空港で24時間購入できる
  • SIM挿入後すぐ使用できる

です。


SingtelのSIMは、
「RHB Bank Exchange Counters」
という両替所で購入できます。

ANA便の場合、
到着ロビー出たところから左、
タクシー乗り場に向かって歩いていくと、
左手にあります。


SingTel には、2種類のSIMがあるので気をつけて。

  • hi! SIM Cards(赤)
  • hi! Tourist SIM(白)

前者の方では、SIM挿入後、SMSで契約プランのやりとりをする必要があり、敷居が高いです。


SIMフリー」と「SIMロック解除」の違い

SIMロック: スマホなどの端末が特定のSIMだけ使える状態

SIMフリー: 最初からSIMロックがされていない状態

SIMロック解除: 最初使えなかったキャリアを使えるようにする、ロックを外す行為


私の知り合いで、「SIMフリー」と「SIMロック解除」の言葉の使い方の間違えにより、SIMフリー端末購入8万円ものお金がかかった例があります。

本当はSIMロック解除をしたかったのですが、
ソフトバンクにて「SIMフリーにしたい」と言ったそうです。

本当なら無料でSIMロック解除できるはずなのに、ソフトバンクからは「Appleに行ってください」と言われます。

そして、Appleにて「SIMフリーにしたい」と言うと、お高いSIMフリー端末を提示され、言われるがまま購入することになりました。


ソフトバンクなどの各キャリア窓口で購入することができるのは、
SIMロック(状態)端末であり、
条件によりSIMロック解除(行為)ができます。

一方、キャリアでないAppleだからこそ購入できるのがSIMフリー(状態)端末です。

ややこしいですね〜。



関連記事