ワーキングママの1人旅子連れ旅

2016年ANAプラチナステータス取得。SFC修行の記録、現地での過ごし方など。海外弾丸トラベルも。

ニューヨークでステーキ食べたい Peter Luger Steakhouseの予約方法

10年以上ぶりに、ピータールーガーのステーキを食べに行ってきました。いつも激混みで予約して必須の店ですが、インターネット予約ができません。(2017年7月現在)

電話で予約してみたら意外と簡単だった、中学英語でもできる予約方法をお伝えします。

 

ピータールーガーとは

世界一のステーキハウスと名高いブルックリンの老舗レストラン。 

f:id:hello-mommy:20170721131238j:plain

ここのステーキは、お皿にドーンとでっかく、赤身ばっかりの、いかにもアメリカンなお肉なんですが、アメリカンだと侮ってはいけません。

今でこそ、日本でもエイジングビーフ(熟成肉)が流行ってますが、「脂の多い霜降り肉が美味しい」と言われていた10年以上前、初めてここのステーキを食べた時には、

「赤身って、こんなに美味しいの〜っ(゚Д゚)」

って驚いたのを覚えてます。

今までの美味しい肉の常識を覆されました。

 

最寄り駅は、地下鉄J, M,Z線のMarcy Av駅。そこから徒歩4分です。

 

私はマンハッタンから自転車で、Williamsburg橋を渡ってきました。

シティバイクの最寄りのポートからは徒歩2分です。

 

各メディアからの評価もすごい

まず、ミシュラン

NYステーキハウス唯一の1つ星獲得店(2017年ミシュラン

2017年ニューヨークの星獲得店は71軒(3つ星6軒、2つ星10軒、1つ星61軒)で、ポルコさんが行ったJean Georgesは3つ星です(≧◇≦)

The Michelin Guide 2017 New York City (Michelin Guide New York City (Red Guide))

The Michelin Guide 2017 New York City (Michelin Guide New York City (Red Guide))

 

 

次に、ZAGAT(ザガット)。 

プロによる評価のミシュランに対し、こちらは一般の人のアンケートによるもので、個人的にはミシュランよりこちらの方が好きです。海外旅行に行くときにはこれを買ってレストラン研究をしています。 

少し古い情報(2015年)ですが、本においては、各カテゴリー30点満点のところ

FOOD 28 DECOR 16 SERVICE 21

と、FOOD(味)において高得点、ミシュラン3つ星のJean-Georgesと同点になってます。

Zagat 2017 New York City Restaurants (Zagat Survey New York City Restaurants)

Zagat 2017 New York City Restaurants (Zagat Survey New York City Restaurants)

 

インターネット(最新)では、点数の付け方が異なっていて、各カテゴリー5点満点で

FOOD 4.8 DECOR 3.7 SERVICE 4.2

で、もちろん、NYステーキ部門で1位です。

 

おすすめのメニュー

さて、ピーター・ルーガーに行ったら、絶対食べるべきは、ここの看板メニュー

USDA PRIME BEEF  STEAK FOR TWO

(103.90ドル 2017年6月)

f:id:hello-mommy:20170721123913j:plain

(Peter Luger SteakhouseのHPより拝借)

これ、ポーター・ハウスです。ポーターハウスとは、T字型の骨付き肉で、骨を境にサーロイン部分とフィレ部分に分かれています。

USDA PRIME BEEFと書かれているのが、いわゆる熟成肉のことです。

3人前ならSTEAK FOR THREE、4人前ならSTEAK FOR FOURと51.95ドルずつ増えていきますが、かなりのボリュームになるので、サイドメニューをオーダーするなら、3人でFOR TWOでもよいかもしれません。

 

1人でも熟成肉が食べたい

STEAK FOR TWOはかなりのボリュームで、1人旅の場合にはちょっと、、、

という場合のおすすめはこちら。

USDA PRIME BEEF SINGLE STEAK

(51.95ドル 2017年6月)

f:id:hello-mommy:20170721064707j:plain

私は今回、こちらを食べました。

SINGLE STEAK はサーロイン部分のみで、フィレ部分がありません。

おまけに、肉をオーダーしたら、本当に肉のみ

(パンはついています。このパンが、これまた美味しいんです)

付け合わせのポテトや人参、ブロッコリー等は全くついていません。

なので、Creamed Spinach(for 2)(11.95ドル 2017年6月)もオーダーしました。

f:id:hello-mommy:20170721064435j:plain

焼き加減は「ミディアム・レア」。

表面は焦げていると言ってよいくらいザックザクした食感、中はローストビーフのような赤身で、柔らかく、肉汁たっぷり。

は〜、幸せでございます〜♪

 

お得なランチメニューもあり

上で紹介したSTEAK FOR TWOなどの熟成肉は、ランチ時もディナー時も同じ値段で、かなりお高いです。

けど、もっと気軽に、リーズナブルにピーター・ルーガーを楽しみたい方には、ランチメニューもオススメです。

ランチは15:45まで。曜日毎のSpecialsと、毎日オーダー可能なものがあります。

f:id:hello-mommy:20170721130950j:plain

人気は、ハンバーガ(14.95ドル 2017年6月)

なんと、贅沢にもUSDA PRIME BEEF(熟成肉)を使っています。

 

曜日毎のSpecialsは18〜33ドル程度。こちらには、ポテトと野菜がついているようですね。ディナーと比べて、ずいぶんお得な気がします。

 

食べ切れなかった時はお持ち帰り(TO GO)も可能

SINGLE STEAKをオーダーしたものの、往路ファーストクラスの食事がいい感じに胃腸に鎮座していて、半分くらいしか食べきれないというお粗末な私(涙)

お会計をお願いしたところ、店員さんの方から、 残っている分のTO GOのご提案があり、お持ち帰りにさせていただきました。

紙コップにCreamed Spinachも入れて蓋をし、お肉も、パンも全て TO GO!

これなら STEAK FOR TWOにして、フィレ部分も食べたかったかも、、、、なんて思ったり。でも、やっぱり出来たてをお店で食べるのが一番美味しかったです。

f:id:hello-mommy:20170721131617j:plain

お会計は現金のみ

唯一残念なのは、お会計にクレジットカードが使えないということ。アメリカなのになぜ?と思うのですが、使えません。現金を準備しておきましょう。

 

無料で、中学英語でできる、電話での予約方法

国際電話は敷居が高く思えますが、大丈夫。電話代を節約するために、LINE OUTを使いましょう。

f:id:hello-mommy:20170721132458j:plain

LINE OUT freeは、アメリカまでの国際電話が5分間無料です。

最初に30秒ほどの動画広告が出てきます。それが終われば通話可能です。

予約時の会話は、5分間も通話できれば十分の内容でした。この後紹介します。

 

予約時の会話の全貌

まず、電話はなかなか繋がりません。音声メッセージに繋がったら諦めましょう。LINE OUT freeの5分間を、音声メッセージのために費やすのは勿体ないです。

タイミングが合えば、即、フロントに繋がります。

ピーター・ルーガーに繋がったら、"I'd like to make a reservation."と言って会話を開始します。 

ピ "How many?"

私 "One"

 

ピ "When?”

私 "June XXth"

 

ピ "What time?"

私 "At 3 pm."

 

ピ "Name?"

私 "ワーママ. W O R K I N G M A M A"

 

ピ "Telephone number?"

私 "212-324-XXXX."  アメリカ国内電話番号

たったこれだけです。簡単ですよね。英語が得意でない私でも大丈夫でした。

 

最初に"I'd like to make a reservation for one."と言って、日時を聞かれた際に "June XXth at 3 pm."と言っておけば、もっと少なくてすみます。 

 

注意すべき点は、予約時の電話番号です。

私の場合、ニューヨーク旅行ではSoftbankアメリカ放題を使うことにしていたので日本の電話番号にかけてもらうと受信できるのですが、国際電話番号はダメだと言われました。

手元にホテルの電話番号がなかったので「調べるから待って」と言っても、「もう一度かけ直して」とガチャンと切られてしまいました。せっかく何度も何度も電話してやっと繋がったのに(涙)、もう一度かけ直しました。

なので、事前に、ホテルの電話番号などのdomesticな電話番号を準備しておきましょう。

 

予約開始は2ヶ月前か?

さて、いつから電話予約ができるのかについてです。

インターネットで検索しても、なかなか正確な情報がなく、なんとなく「2ヶ月前」から予約が必要だということだけわかっていました。

なので、ちょうど2ヶ月前、4月XX日に電話をしたところ、

"Call in May." (5月に電話して)

と言われ、ガチャンと切られてしまいました。

 

そして5月。

5/2に電話してみたところ、既に希望日(金曜)のディナータイムは予約でいっぱい、ランチタイムはいつでもOKの状況でした。

なので、予約開始は1ヶ月前の1日が正解のようです。

もしディナータイムの希望の時間帯にどうしても予約したいのであれば、この日に頑張って電話しましょう。

 

もし予約できなかった場合のオススメの時間帯は?

もちろん予約がなくても当日空きがあれば席に着くことができます。オススメの時間帯は、平日15時半〜17時頃。ランチタイムがちょうど終わる頃です。

実際、金曜15時頃にお店に着いた時には、30人以上の待ち行列

予約があるのに、15分ほど待ちが発生しました。

 

食べ終わって帰る頃(16時頃)には待ち行列はなく、店内も空席がありました。

お得なランチタイムが終わって、ディナーにはまだ早いという中途半端な時間帯、ここが狙い目のようです。

 

 

ブルックリンに行く時間がない。そんな時には

ブルックリンに行かずともピーター・ルーガーの味を楽しみたいなら、Wolfgang's steakhouse(ウルフギャングスステーキハウス)に行きましょう。

ピーター・ルーガーで40年以上も活躍したウルフギャング・ズヴィナー氏が独立して作ったレストランで、肉の焼き方、味付け、パンの味までピーター・ルーガーそっくりと言われています。

おまけにピーター・ルーガーよりも店内は高級感があり、なんといってもクレジットカードが使用できます。(これ大事)

ウルフギャングスステーキハウスはマンハッタン内に5店、ハワイにもあり、なんと、日本にも4店(六本木、丸の内、大阪、福岡)にあります。 

もちろんSTEAK FOR TWOもオススメですが、ニューヨークで食べるなら

CAJUN RIB-EYE STEAKケイジャンリブアイステーキ)

がオススメです。

マンハッタンでも一部の店舗のランチメニューのみで提供している、スパイシーなリブアイステーキ(脂身と赤身のバランスのよい柔らかいお肉)です。

このスパイシーさがたまらん♪

 

日本でも、ランチメニューが始まった当初は、ケイジャンリブアイステーキがメニューにありましたが、今は普通のリブアイステーキになっているようですね。

代わりに、ハワイには今までなかった(ような気がしていました)が、現在メニューにあるみたいです。

f:id:hello-mommy:20170721160832j:plain

ウルフギャングスステーキハウスは、パークアヴェニュー店に3回、ミッドタウンイースト店に1回、六本木2回訪問しましたが、たまたまなのか、お店による差がとても大きいと感じました。

 

ニューヨークでは、毎回ランチの混雑時が終わった14時〜15時頃に訪問してるのですが、パークアヴェニュー店はそれなりに人がいるのに対し、ミッドタウンイースト店は客が誰1人おらず、私1人という状態でした。

いつも通りケイジャンリブアイステーキをオーダーしたのですが、味も感動するものはなく、SERVED WITH MUSHED POTATOES AND CREAMED SPINACHとメニューに書いてあるにもかかわらず、付け合わせはマッシュポテトのみ。二度とミッドタウンイースト店には行くものか、と心に誓ったほど。

でも、口コミなどを見る限り、そんなに悪く言っている人はいないので、たまたま運が悪かっただけなのでしょうね。

 

パークアヴェニュー店は、逆に、厨房を見せてくれたり、まかない食を食べさせてくれたり(ステーキだけでもお腹いっぱいですが)、とてもフレンドリーな対応だったので、とてもいい印象があります。

 

 

今、ニューヨークのステーキハウスの日本進出がブームになってます。

2017年6月30日には、ベンジャミンステーキハウスが六本木にオープン。ZAGATニューヨークのステーキ部門2位なので、ぜひとも行ってみたいものです。

 

2017年秋には、エンパイアステーキハウスが六本木にオープン。

Empire Steak House 六本木 – ステーキの本場NYマンハッタンより「Empire Steak House」が海外初出店。2017年秋頃、六本木にオープンします!

こちらも楽しみですね。

 

関連記事

ニューヨーク レンタサイクルでブルックリンへ シティバイクの利用方法

マンハッタンのSOHOからブルックリンのWilliamsburgへ。レンタサイクルを借りて、ウィリアムズバーグ橋を渡ってきました。

とっても簡単で便利なレンタサイクルの借り方を紹介します。

  

シティバイクとは

ニューヨークのマンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ジャージーシティなどを移動する時に便利な、24時間いつでも利用できるレンタサイクル。ステーションは600箇所以上あり、どこで借りてもどこで返してもOK

ステーションの場所は、サイトから、又は専用アプリから確認できます。

http://www.citibikenyc.com

f:id:hello-mommy:20170718050049p:image

東京都内でやっているドコモ・バイクシェアは東京都内6区でポート数約200箇所ですから、山手線の内側にすっぽり入る大きさと言われているマンハッタンで600箇所といえばかなり多いですね。実際、ホテル近辺のミッドタウンでは、ブロードウェイ沿いに2ブロックに1ポート、約100mに1つありました。

 

旅行者に便利な料金プラン。1日乗り放題で12ドルから

料金プランは3種類あります。

  • 1日(24時間)乗り放題で12ドル
  • 3日(72時間)乗り放題で24ドル
  • 年間パスで163ドル

1日パスの場合、借りたその時刻から24時間、何度でも利用可能です。

ただし、1回の利用が30分以内ならばそのパスの範囲で利用可能ですが、30分を超えると延長料金として15分毎に4ドルかかります。

これをどう捉えるかはその人次第ですが、30分を超えそうな場合には近くのポートに一旦返却し、再度借りると何時間でも何度でも乗り続けることができますね。

 

必要なものはクレジットカードのみ。その利用方法とは

ポートの脇の自動販売機のようなところからパスを購入できます。

f:id:hello-mommy:20170718050354j:plain

f:id:hello-mommy:20170718051550j:plain

タッチパネル式のスクリーンになっているので、インストラクションに従って操作を勧めます。

  1. 言語を選択
  2. "Rent a bike"を選択
  3. クレジットカードを挿入
  4. パスの種類や、自転車の数を選択
  5. その他、18歳以上か等、いろいろ聞かれるものはYesを選択
  6. 電話番号を入力 ⇒ NYで使用できる携帯番号(8190XXXXXXXX)を入力
  7. 郵便番号を入力 ⇒ 適当に入力

のように進めていくと、最後に5桁のRide Codeが表示されます。

Printボタンが表示されている場合は、迷わず印刷しましょう。(印刷しないと、数秒後に忘れます)

f:id:hello-mommy:20170718052943j:plain

これで手続きは完了。Ride Codeをもって、借りたい自転車のそばに行きます。

Ride Codeの入力は、自転車の前輪がささっているドックのここで行います。

f:id:hello-mommy:20170718053354j:plain

私は最初、どこにRide Codeを入力するのか分かりませんでした。

Ride Codeは0〜9の数字だと思い込んでいたんです。まさかまさか、この①②③が入力ボタンだと気づくまでに暫く時間がかかりました。

Ride Codeを印刷した紙にも、①②③って書いてありますよね。。。思い込みって怖いです(;゚ロ゚)

 

自転車の返却方法

ステーションを見つけ、空いているドックに差し込むのみです。ランプが緑になったら返却手続き成功。同時に、登録した電話番号宛にSMSが届きます

f:id:hello-mommy:20170718054437j:image

 

2回目以降の利用方法。同じクレジットカードが必要

再び"Rent a bike"を押し、同じクレジットカードを入力すると、パスの期間内であれば新しいRide Codeが表示されます。ここでも忘れずに印刷しておきましょう

 

道順はGoogleマップで。 自転車に乗ったままウィリアムズバーグ橋を渡る

さて、SOHOからブルックリンへ向かいます。GoogleMapで道順を検索すると、返却予定のポートまで、所要時間は16分。これなら、延長料金もかからず返せそうです。

ウィリアムズバーグ橋へはWilliamsburg Bridge Pathに入る必要があります。Pathは車道と車道の間から始まるんですね。うっかり通り過ぎるところでした。

f:id:hello-mommy:20170718055904j:plain

少し上ったところで、自転車専用道路 Williamsburg Bridge Bicycle Pathに入ります。

f:id:hello-mommy:20170718060014j:plain

橋の真ん中からマンハッタンをのぞむ

f:id:hello-mommy:20170718060126j:plain

ブルックリン側の出口の下り坂です。

f:id:hello-mommy:20170718060220j:plain

ここで自転車返却。目的地はすぐそこです。

f:id:hello-mommy:20170718060325j:plain

 

注意事項。自転車は車道を走ることが原則

ニューヨークでは、自転車は車道を走ることが原則とされています。太い道路には必ず自転車レーンがあります。

ブルックリンの町中で、一度、歩道を自転車で走ってしまったことがあったのですが、

"Stupid!"

と言われました。実際、歩道を走っている自転車はほぼ見かけませんでした。

日本でも、道路交通法で自転車は車道を走ることが原則となっていますが、ニューヨークはそれがさらに徹底されていると感じました。

 

今回、私はウィリアムズバーグ橋を渡りましたが、夜景で有名なブルックリン橋も自転車で渡ることができるようですね。

自転車で移動すると、街の距離感もわかり、面白そうなスポットも目につきます。

もう少しゆっくりした旅程をとれたら、次はブルックリンの街中を、ゆっくりサイクリングしたいと思いました。

 

 

関連記事

 

ANAマイルでファーストクラス ニューヨーク行きNH110便 ファーストクラス機内食を公開

一度はやってみたかったファーストクラスでのニューヨーク。その機内編になります。

 

美味しいモノ食べてこそ旅である

と信じている私。

ファーストクラスに乗ると決まってから、何度も何度もニューヨーク便の機内食とドリンクのメニューを見ては、夢と想像を膨らませてきました。

 

機内食のメニューは3ヶ月毎の更新(6〜8月が同じメニュー)です。ANAのHPで確認できます。

 

B777-300ER 半個室のANA FIRST SQUAREシート

ビジネスクラスには何度が乗ったことがあるのですが、ファーストクラスは初めて。

予約時点で1Aが埋まっていたので、2Aを選びました。

f:id:hello-mommy:20170717234658j:plain

CAさんに勧められるままに、リラックスウエアに着替え。お洋服はCAさんに預けます。

実は、これ、数日前からとても悩ましかったです。CAさんに洋服セレクトを見られてしまうと思うと、ドキドキですよね。結局、NYブランドのワンピースにしました。

f:id:hello-mommy:20170717235004j:plain

爪先を伸ばしても足が届かない〜。

アメニティをとるのにも体を起こして、シートベルトを外して、手を伸ばしてとるくらいの広さ。

アメニティはサムソナイトの紫のポーチに、資生堂のTHE GINZAのコスメが入っています。化粧室にも、化粧水・乳液・歯ブラシなど一通り揃っている上に、追加のアメニティ(歯ブラシ、リップ、レッグリフレッシュシート等)をCAさんよりいただいたので、これを開けて使うことはありませんでした。

 

ウェルカムドリンクは、シャンパンかオレンジジュースを選べます。もちろんシャンパンをいただきました。

f:id:hello-mommy:20170718000318j:plain

それにしても、窓を4つくらい占有しているはずなのに、なんとももったいない造りです。高い壁に囲まれた、個室感たっぷりの空間になっているため、外が見える窓はたった1つ。そして窓が遠いっ(;゚ロ゚)

 

当便、ファーストクラスのお客さんは4名でした。

ラウンジでお知り合いになった方と一緒に食事をするという約束にしていたので、窓際の席をリラックス席、中側の席を食事席として使用させていただきました。

f:id:hello-mommy:20170718001712j:plain

 

機内食(1回目)の洋食フルコース

日本発の和食は美味しいとの噂もありますが、最初から決めていた洋食をお願いしました。

f:id:hello-mommy:20170718002750j:plain

今回のお楽しみは、食事もそうなんですが、なんといってもシャンパンのKRUG

白ワインや赤ワインに浮気することなくシャンパンを飲み続けられるよう、アペタイザーやメインも、もちろん決めています(笑)

 

アミューズ

念願のKRUGと供に、まずはアミューズがやってきました。

f:id:hello-mommy:20170718004931j:plain

メニューには載っていないと思っていたら、ドリンクメニューに書いてありました。

f:id:hello-mommy:20170718005253j:plain

  • 紋甲烏賊とインカのめざめをビーフコンソメジェリーとともに
  • 鱸のマリネと卵黄の味噌漬け かぼすの香り
  • 鴨のリエット ポートワイン風味
  • 宮城県産牡蠣のスモークと2種の野菜のプロシェット

(写真は右上から反時計回り)

シャンパーニュクリュッグ グランド・キュヴェ

 

そして記念撮影。これをどうしても撮りたかったんです。

f:id:hello-mommy:20170718010222j:plain

アミューズは結構ボリュームもあって、KRUG1杯とこのアミューズをいただくのに30分ほどかかってしまいました。 

 

さて、テーブルセッティングの後、お楽しみのフルコース、スタートです♪

f:id:hello-mommy:20170718004400j:plain

 

アペタイザー

5月末にメニューが発表されてから、一番悩んだのがこのアペタイザーです。

陸分度器さんが美味しかったと言っていた「桃とポテトのヴィシソワーズ」にも、TASTE OF JAPANの徳島の「食」で紹介されていた「鮑のエチュペ」にも惹かれました。

ここは初志貫徹、事前に決めていたものをオーダーしました。

f:id:hello-mommy:20170718011512j:plain

  • オマール海老と帆立貝のソフトスモーク入りズッキーニのムース キャビア

キャビア添えと書いてあったけど、瓶ごと出てきたよ。オマール海老にキャビアってどんだけ贅沢なの。まだ前菜なんですけど。。。と、すっかりおのぼりさん状態。

 

パンも4種類の中から2つ、いただきました。

 

KRUGの2杯目と、飲み比べにもう1種類のシャンパンも。

シャンパーニュ・ジャクソン・キュヴェ N740

f:id:hello-mommy:20170718011842j:plain

 

サラダ

f:id:hello-mommy:20170718013612j:plain

ドレッシングは2種類の中から、キャロットとレモンの香るノンオイルドレッシングを選びました。

この時点で出発から2時間経過。12:20です。

 

スープ

f:id:hello-mommy:20170718013904j:plain

  • コーンスープ

この時点で、やばい。かなりお腹がいっぱいです。

 

メインディッシュ

メインは迷うことなく、KRUGに合わせるつもりでこちらを選びました。

f:id:hello-mommy:20170718014451j:plain

  • 帆立貝のムースを包んだ徳島県産鱧のスチームにサフランとトリュフの香りのクリームソース

関西出身なので、ハモ好きなんです。でも、いつもはハモの湯引き、天ぷら、ハモすき等の和食なので、こういった洋食でのハモは初めて。それもトリュフの香りときたらテンションマックスです。

 

なんとなく、白ワインも飲みたくなってきたので、ほんの少しいただきました。

シャブリ・プルミエ・クリュ・ニコラ・ポテル 2014

f:id:hello-mommy:20170718015930j:plain

ここでもうお腹いっぱい。この時点で出発より3時間経過。残りは、寝て起きた後にいただくことにしました。

 

ファーストクラス4人のうち、私以外はみな欧米人。食事が終わったと同時に、しっかりとお休みモードでした。NY時間夜の0時ですから、時差対策にも睡眠は大事。お仕事でファーストクラスに乗るような方は、切り替えがしっかりしているんですね。

 

私も到着日夜のバレエ鑑賞を万全の体調で臨むために、めざせ7時間睡眠! TWGのカモミールティーをいただき、東京西川の軽くて肌触りのよいベッドに身を包みます。なかなか寝付けませんでしたが、6時間くらいは眠れたのではないかと思います。

 

デザート

結局、デザートは着陸前のお食事の後にいただきました。

f:id:hello-mommy:20170718020319j:plain

これはイメージと異なり、私には甘過ぎました。あんも、クリームも、アイスも、桃もどれも甘いんです。デザートには酸味と甘みのバランスが欲しい私には、ミスチョイスでした。

 

チーズプレート、プティフールも食べたかったな。(お腹いっぱい)

 

着陸前のお食事 吉兆の鯛茶漬け

「ゆっくり眠って今晩に備えたい」旨を伝えていましたので、CAさんの気遣いで、少し遅めの着陸1時間半前に起こしていただきました。

 

起き抜けには、期間限定ドリンクをいただきました。

f:id:hello-mommy:20170718023013j:plain

うんしゅう蜜柑ジュース

千疋屋お届けのみかんジュース。甘みと酸味のバランスがよく(自然な甘み強め)、KRUGいただくよりもゴクゴクと2杯も飲んでしまいました。

 

着陸前のお食事も、和食と洋食が選べるのですが、メニューを見ても、ブラッドオレンジジャム以外に食べたいものがありませんでした。なので、本来であれば、食事と食事の間の、小腹がすいた時にいただける軽いお食事メニューから、こちらをいただきました。

f:id:hello-mommy:20170718022139j:plain

まずは胡麻だれを鯛に直接かけてお刺身として、次にご飯の上に載せて薬味とともに、最後は熱々のお出汁をかけていただきます。

何だか聞いたことある食べ方と思ったら、これ、ひつまぶしの食べ方ですね。

飲み過ぎ食べ過ぎで疲れた胃腸には、温かいご飯と、熱々のお出汁がとても優しかったです。

 

サプライズなお土産

そうこうしているうちに、もうすぐ着陸態勢に入るとのことで、その前に着替えをすませました。

着替えから戻ると、CAさんよりご挨拶とともに、子供達へのお土産をいただきました。

f:id:hello-mommy:20170718023840j:plain

トランプ、おりがみ、飛行機風船と、スターウォーズジェットの組み立て飛行機です。このセットを子供2人分、お土産としていただきました。

 

子供2人を旦那に預けて旅行をしていること等、ちょっと話したことを覚えていてくれて、そしてこんな素敵なお土産いただいて、とても嬉しかったです。(自分へのお土産になっちゃうかもしれませんが)

 

初めてのファーストクラス、最初で最後かもしれないファーストクラス。

夜のメインイベントをベストな状態でのぞめるよう遅めに起こしてくれたり、帰国後の子供達へのことを考えてお土産を用意してくれるCAさんの心遣い。

KRUGキャビアも美味しいけど、CAさんのその気遣いが何よりもファーストクラスの醍醐味だと感じました。

 

関連文書