ワーキングママの1人旅子連れ旅

2016年ANA SFC、2018年JAL JGC取得。バレエ鑑賞、F1観戦などテーマのある旅が好き。憧れはハワイでゆっくり優雅に、だけど弾丸旅行多めのシティ派。ホテルもリーズナブルが基本のSPG持ち。

【JGC修行】FOP単価7.3 JALサファイアまでの修行記録(全4回)を公開

2月末から始めて約1ヶ月、2018年3月にサファイアステータス達成をもって、JGC修行を解脱しました。

 

2016年SFC修行から2年、修行僧同期が紫修行に突入したり、翌年JGC修行しているのを見て、相当悩みました。

 

今回は、あることがきっかけで、JGC修行突入を決めました。

思いたったら吉日、解脱までは約1ヶ月とスピーディで、とっても楽ちんでした♫

 

 

JAL JGCサファイア修行 全記録

さて、気になるFOP単価です。

  • 金額総計 370,372円
  • 獲得FOP 50,942
  • FOP単価 7.3

 

海外発券含む、インターメインの全4回(クアラルンプール日帰り2回、那覇1回、メルボルン6泊8日)で達成、効率重視の修行でした。

 

私のJGC修行の特徴は、ビジネスクラス、プレエコ中心で、たった4回、たった3発券で解脱できたことでしょうか。

修行 時刻 便名 区間 種別 FOP 金額 FOP単価
2月 11:05-
18:10
JL723 NRT
KUL
C(X) 6,659 101,380 7.6
  22:50-
6:35翌
JL724 KUL
NRT
KUL発券PY(E) 5,407
104,472
6.7
2月 8:50-
11:45
JL907 羽田
那覇
KUL発券国内 2,368
  16:00-
18:15
JL914 那覇
羽田
KUL発券国内 2,368
3月 11:05-
18:10
JL723 NRT
KUL
KUL発券PY(E) 5,407
  22:50-
6:35翌
JL724 KUL
NRT
C(X) 6,659 1行目に含む
3月 11:00-
23:05
JL773 NRT
MEL
PY(E) 8,037
164,520
10.2
  0:35-
8:35
JL774 MEL
NRT
PY(E) 8,037
初回搭乗ポイント+りそなJALスマート口座 6,000  
          50,942 370,372 7.3

 

 

効率の良いJGC修行とは?

まず、JALの場合、JGC修行には大きく2つの方法があります。

  1. 回数修行(50回でサファイア
  2. FOP修行(50,000FOPでサファイア

 

1の回数修行は、テレビ番組「沸騰ワード10」でジャニーズの風間くんがやっているもの。

風間くんは気の向くまま各地飛んでいますが、一般人は安くて短い距離を1日何往復もするんですよね。(アイランドホッピングなど)

トータルコストは、回数修行の場合、だいたい30万円台前半が目安になるようです。

 

 

 

一方、2のFOP修行では、距離や予約クラスに応じたポイントを貯める必要があるのですが、ANASFC修行より圧倒的に楽なことがあります。

 

それは、JALカード会員の方は、初回搭乗ボーナスポイントとして、5,000FOPが貰えるんです。積算時期は、通常のFOPが積算された翌月上旬です。

 

 

また、りそなJALスマート口座の開設特典として、1,000FOPが貰えるというものがありました。積算時期は、搭乗の翌月末頃です。

残念ながら、開設特典は2018/10/22をもって終了するそうです。

口座開設特典│特典一覧|りそなJALスマート口座|りそなスマートストア

 

 

6,000FOPといえば、ほぼ、ファーストクラスでの那覇往復で獲得できるFOPに相当します。それがただで貰えるのですから、私の中では「修行するならFOP修行」だと考えていました。

 

 

 

さて、FOP修行の場合、いかに安く距離を稼ぐかが、効率のよい修行をする鍵となります。

 

国内線のファーストクラス(ANAのプレミアムクラスに当たる)を調べたところ、驚愕の事実がわかりました。

  ANA JAL
国内線上位クラスの名前 プレミアムクラス ファーストクラス
上位クラス設定路線 様々な路線で設定 羽田ー那覇
羽田ー福岡
羽田-伊丹
羽田ー千歳
の4路線のみ
上位クラスの最長路線 千歳ー那覇 羽田-那覇
羽田→那覇の1日あたりの上位クラス設定本数 片道あたり10本以上
※1日で2往復可
※夏のギャラクシーフライトを含めると3往復可
片道あたり2本
※ただし1日で2往復は不可能
早期割引運賃(那覇便) プレミアム特割28 先得の設定はなし
最安は特便21

JALの国内線ファーストクラス(割引運賃)は予約困難だ〜!!!

 

なので、「インターを中心にJGC修行できるタイミング狙う」ことにしました。

 

 

国際線でのJGC修行で最もFOPを稼げる路線とは?

国際線でのJGC修行に突入するか悩んでいた2017年5月末。私の背中を後押しするような情報が入ってきました。

 

そう、それは、JAL メルボルン線就航

 

もともと、2018年のF1オーストラリアGPに合わせて、子供2人連れてのメルボルン旅行を予定していました。

 

メルボルンは、FOPの路線倍率が1.5倍にになるアジア・オセアニアの中で、最も遠い都市。つまり、一往復するだけで、がっつりFOPを稼げます。

 

積算率100%のプレミアムエコノミーの場合、

メルボルン往復で16,074FOPも獲得でき、ニューヨーク往復の14,246FOPよりも多いのです。

 

 

しかも、オセアニア路線には、お得なプレミアムエコノミー運賃が設定されています

 

私が購入したのは、「Saver E-53 メルボルン」。

50日前までの予約が必要で、運賃は14.5万円プラス諸税など。予約クラスはEで、変更不可。払戻は30,000円。

 

2019年の3月の運賃を見たところ、名前は違うけど、同じようなのありました。

Premium Economy Saver」(2018年9月調査)

どうやら50日前の予約の縛りがなくなり、お値段変わらず14.5万円プラス諸税のようです。

 

さて、このPremium Economy Saver。シドニーの場合は、12.0万円プラス諸税。

2018年9月現在の諸税を含めたFOP単価でいくと、

と、シドニーの方が若干ですがFOP単価がよいようです。

 

FOP単価で見てしまうと、まあまあって感じですね。

ですが、一撃で獲得できるFOPが多いので、「メルボルンへはプレミアムエコノミーで行く」ことにしました。

 

 

国際線でのJGC修行の王道とは?

メルボルン旅行の8ヶ月前にチケット予約しましたが、その時は、JGC修行すべきかどうか悩んでいました。

 

SFC修行やJGC修行は、年が経つとともに、主流が変わってきています。

2016年:国内線ファーストクラスで那覇往復、またはOKA-SINタッチ

2017年:KUL発券の国内線4区間 ※現在は国内線2区間まで

 

私の個人的な見解によるものかもしれませんが、 ここ最近の王道は、KUL発券と言えるでしょう。

 

KUL発券のメリットは、個人的には、主に下記3つかなと思ってます。

  1. 日本発より安い(金額にして約2/3程度)
  2. 変更や払戻の手数料が安い(変更・払戻ともに300リンギット=8100円)
  3. 日本国内でのストップオーバー(24時間以上の滞在)が可

 

特に、子供の面倒を夫にお願いして修行する身としては、

KUL往復の1週間後に那覇往復、その1週間後にKUL往復

という日程が可能な、3のストップオーバーに魅力を感じました。

 

もし、JGC修行するなら、「日本国内ストップオーバーを利用したKUL発券にしよう」と決めました。

 

 

KUL発券の際の最大の懸念と、狙うべきキャンペーン

ここまで調べても、まだ煮え切らないJGC修行。

私にとっての懸念は、「どうやってKUL発券を閉じるか」でした。

 

KUL発券を閉じるには、どうしても国内発券をする必要があります。

成田→KUL→成田→那覇→成田→KUL→成田

 

今後もKUL発券を繰り返し続けるという選択肢もありますが、そこまで自由でない身としては、なかなか困難に感じました。

また、KUL発券の海外となると、ヨーロッパ方面ではなく、北米が中心になってしまいます。行き先を限定したくない、という思いもありました。

 

さて、買わなくてはいけない、成田→KUL→成田。金額とFOPを調べてみました。

  • エコノミー 56,000円プラス諸税/5,808FOP(S)
  • プレエコ  108,000円プラス諸税/11,814FOP(E)
  • ビジネス  229,000円プラス諸税/13,318FOP(D)

(2018年9月23日現在。2019年2月の最安値調査)

 

どれもFOP単価は10円を大きく超えてしまいます。

 

そんな中、12月初旬に、あるキャンペーン情報が飛び込んできました。

2016年SFC修行層同期の、のりさんの記事です。

面白く参考になる記事を書き続けている、尊敬すべき同期です。

 

な、なんと、ビジネスクラス(Xの125%)が90,000円プラス諸税!!FOP単価は7.6。

ただし、「滞在日数が9日以上」という、「KUL発券をする修行層のためのキャンペーンだよね?」と言わんばかりの制約つき。

 

予約期間は12/7〜12/31と、1ヶ月もないキャンペーンでしたが、これで私の心も決まりました。

激安KULビジネス案件で、JGC修行を始める

日本発券のKUL往復と、KUL発券の那覇行きの価格をにらめっこしながら、一気に2つとも発券し、解脱までのストーリーを完成させました。

 

効率的なJGC修行を完成させるために、

狙うべくは、「半年に1回程度のキャンペーン(特別運賃)」でしょう。

 

次は2018年12月頃でしょうか? 2019年JGC修行予定の方にお得なキャンペーンが出てくるとよいですね。

 

関連記事

2016年SFC修行をした時の記録です。


2018年JGC修行をした時の記録です。まだまだ増えますwww

ANAマイルでビジネスクラス JFK空港ターミナル7の免税店とBAラウンジ NH9便の機内食

2泊4日の弾丸ニューヨーク旅行。

Epicerie Bouludで朝食を買った後、地下鉄とエアトレインを使ってJFK空港へ。

タクシー乗ったらすぐなのにね。時間的にもお財布的にも貧乏性な私は、交通渋滞でいつ着くかわからない不安が苦手で、ついつい電車を使ってしまいます。

f:id:hello-mommy:20180924140609j:image

所要時間は7th Ave(E線)より1時間ANAのTerminal7へは、出発時刻の2時間前に到着しました。

 

 

 

 

ターミナル7のお店

セキュリティチェックを終え、階段を上ったところが、写真真ん中より少し右上の赤の★印です。 

こじんまりしたターミナルと言われているだけあって、お店はそれほど多くないです。

f:id:hello-mommy:20180218103929j:plain

2017年6月のお店ラインナップはこんな感じ。

さすがアメリカ?! MAPは最新化されていません

 

 

f:id:hello-mommy:20180218103940j:plain

右側一番奥(地図15)DISCOVER NEW YORK

いわゆるお土産屋さんよりはちょっと小洒落たお土産屋さんって感じ。

 

 

f:id:hello-mommy:20180218103951j:plain

右側真ん中(地図18)Hudson News

ここは本や雑誌のみならず、ニューヨーク土産がリーズナブルに買える店

左前、一番目立つところにトランプさんのチョコがありますね。2017年1月に就任したばかり、私も買いました。(2017年6月時点)

 

 

f:id:hello-mommy:20180218104007j:plain

地図内★の先、26の店の前からGate1〜6に向かって右が、ブランド店。

COACH(コーチ)、LONGCHAMP(ロンシャン)、MONTBLAMC(モンブラン)など。

左側が、 Duty Free。化粧品やアルコールなど。

 

 

f:id:hello-mommy:20180218104019j:plain

ターミナル7の中央あたり、ブランド店の並びが区切れるところ(地図22)がM&M。

滑走路寄り(地図8)はバーのTHIRSTY。

写真左(地図7)はスタバではなくFIKAという北欧のコーヒーチェーン。ネット情報によると「贅沢な空間で、ゆったりした時間が過ごせる」が売りの店のようです。

 

 

f:id:hello-mommy:20180218104031j:plain

FIKAの逆(地図4)マクドナルド。

その横(地図2)はBALDUCCI'Sではなく、Apartment 7B DELI & MARKETでした。

 

あれから1年。もう地図は直っているかしら。。。 

 

 

一番大きな DUTY FREEショップも念のため見てみる。

f:id:hello-mommy:20180218104043j:plain

ゴディバのチョコもニューヨークバージョンで可愛い。

 

f:id:hello-mommy:20180218104056j:plain

モロッカンオイルも買えるみたいです。

  

 

 

ビジネスクラスのラウンジ British Airways Galleries Lounge

さて、せっかくなのでラウンジへ。

地図★印のところに戻ってきて、左後ろに振り返ったところにあるエスカレーターを上ります。

f:id:hello-mommy:20180218104108j:plain

f:id:hello-mommy:20180218104119j:plain

扉入って受付し、右側がビジネスクラス用のラウンジです。

 

f:id:hello-mommy:20180218104130j:plain

細長く狭く見えますが、、、ソファーの手前まで行って、左を見ると

 

f:id:hello-mommy:20180218104141j:plain

こんなに広いスペースがありました。

右がフードコーナーです。さらに右奥には、

 

f:id:hello-mommy:20180218104154j:plain

ドリンクコーナーとダイニング、リビング

 

f:id:hello-mommy:20180218104210j:plain

ドリンクコーナーのワイン達。ビジネスクラスのラウンジの割には、ワインが充実していると感じました。

 

f:id:hello-mommy:20180218104223j:plain

すごく美味しかったのが、ベデルのロゼ

スティルワインより泡が好きな私ですが、これは本当に飲みやすかった。

 

実は、今回の旅行で、ロングアイランドのワイナリー巡りをし、このワイナリーにも行ったんですよね。

このワイナリーでは試飲もせず、お土産も買わず、ただ写真を撮っていただけ。あー、後悔です(涙)


気をとりなおして泡も。

f:id:hello-mommy:20180218104243j:plain

プロセッコ(伊)

 

 

f:id:hello-mommy:20180218104256j:plain

愛しきワインたち。

 

さてさて、ワインを愛で眺め、席に戻ると、

あれっ?まだ一口も飲んでないはずの、スパークリングワインとロゼがない。

少量しか注いでなかったので、飲みかけ、飲み終わりだと間違えられたのでしょうか。

すっかり下げられてしまいました。ラウンジのスタッフの方、お仕事早すぎです。

 

さて、フードコーナーです。

f:id:hello-mommy:20180218104317j:plain

ドリンクコーナーのアルコールが充実していたのに、フード類のラインナップは少なめです。

フード類は、やっぱりビジネスクラスのラウンジではダメですね。

 

f:id:hello-mommy:20180218104328j:plain

パンと、よくわからない巻物

 

f:id:hello-mommy:20180218104342j:plain

パンの横に、なぜか「ゆうげ」「あさげ」などの即席味噌汁

 

f:id:hello-mommy:20180218104356j:plain

コーンフレーク

 

f:id:hello-mommy:20180218104411j:plain

ビールやソフトドリンクは、瓶や缶で飲み放題

 

f:id:hello-mommy:20180218104427j:plain

禁断のポテチに手を出してしまいました。

 

f:id:hello-mommy:20180218104441j:plain

あっという間に搭乗時間。

マイルを貯めてゲットしたビジネスクラス特典航空券のおかげで、今回は快適な待ち時間でした。

 

2年前、1泊3日ニューヨーク旅行をした際には帰りはエコノミーでした。

寝不足の上に、ラウンジにも入れず、搭乗口の前のベンチで、おつゆだくだくになっていたのが懐かしいです。

 

 

B777-300ER スタッガードシート

f:id:hello-mommy:20180218104452j:plain

f:id:hello-mommy:20180924150445j:image

座席は10K。窓際の席です。

ビジネスクラスに乗ったのは、まだ数えるほどしかないのですが、個人的に、こじんまりとおさまりながらもプライベートが確保されているこの座席は好きです。

 

 

f:id:hello-mommy:20180218104518j:plain

ウェルカムドリンクのシャンパン。

往路のファーストクラスではグラスで提供されましたが、ビジネスクラスプラスチックコップです。

 

f:id:hello-mommy:20180219031937j:plain

マンハッタンにさよならを言うつもりでしたが、残念ながらマンハッタンビューではありませんでした。

 

 

機内食(1回目)の洋食

ビジネスクラス機内食は、事前予約サービスというのがあり、あらかじめ和食か洋食を選ぶことができます

復路なので、和食には期待できないと思い、あらかじめ洋食を選びました。

洋食の場合、メインディシュが複数(魚・肉)から選べる場合であっても、肉料理が提供されます

 

以下、1年以上前のことで、食事の感想はよく覚えてないので、写真での紹介になります。

 

アミューズ

さて、おまちかねのシャンパンタイムです。

f:id:hello-mommy:20180219032746j:plain

f:id:hello-mommy:20180219032023j:plain

  • パテ・ド・カンパーニュ
  • スモークフィッシュのカナッペ
  • オリーブ チーズとドライトマト

(写真右下から時計回り)

シャンパーニュ ロンバルディ キュヴェ ブリュット アキシオーム

 

 

アペタイザー

f:id:hello-mommy:20180219032100j:plain

  • ポークと仔牛と鴨肉のパイ包み焼き、小海老のソテー 根セロリのピューレ添え

 

 

スープ&ブレッド

f:id:hello-mommy:20180219032128j:plain

  • 3種のブレッド バターとオリーブオイルとともに
  • コーンスープ

 

 

メインディシュ

f:id:hello-mommy:20180219032222j:plain

  • 牛フィレ肉のステーキ パンチェッタソース

 

 

デザート

f:id:hello-mommy:20180219032248j:plain

  • わらび餅

 

 

アイスクリーム

f:id:hello-mommy:20180218104541j:plain

 

 

着陸前のお食事

着陸前のお食事として、洋食(シチュー)か和食(鰆たまり醤油焼き)が選べたのですが、どうしても野菜汁物が欲しくなり、結局これをオーダーしてしまいました。

f:id:hello-mommy:20180219032320j:plain

  • 一風堂ラーメン コク極まる味噌「大地」

 

f:id:hello-mommy:20180219032422j:plain

  • ローストビーフとアボガドのサンドイッチ

 

 

 

NYから復路15時間、食べる以外はほとんど寝て過ごしてました。

帰国後、荷物を置いてすぐに保育園に子供達を迎えに行き、翌日も出社しました。何事もなかったかのように元気に毎日を過ごすことができました。 

 

やはり、エコノミーとビジネスの差は大きいです。

 

2年前、エコノミー2席で足を丸めながら横になって寝ましたが、1週間くらい疲れが残りました。

 

 

さて、ファーストクラスとビジネスクラスの差は?

 

CAさんとの密なコミュニケーション、豪華なシャンパン、ワインと美味しい食事。

今回、初めて、往路でファーストクラスを体験し、実際に提供されるサービスは、さすがファーストクラスだと感じました。

自分の予想や欲求を先取りしてくれるような気遣い、それを一度でも体験できたのはよかったです。

 

 

けど、次からもずっとファーストクラスに乗りたいか?

 

個人的には「たまには乗りたいけど、ビジネスクラスで十分」と思ってます。

CAさんとのほどよい距離感で、自分の時間を自分のペースでゆっくり楽しめ、現地で使うパワーをしっかり充電できる。帰国後の毎日のためにしっかり疲れを癒やすことができる。そんなビジネスクラス、最高です。

 

 

本当に素晴らしい飛行機の旅になりました。ANAさん、ありがとう♡

また、私に、NY往復、ビジネスクラス特典航空券をお願いします〜w

 

関連記事


 

 

 

メルボルン ヤラバレー CHANDON訪問記 ワイナリー巡りはMrジョンツアーがオススメ

JGC修行の最終回メルボルン。シャンドンのワイナリーに行ってきました。

 

シャンドンは、私が大好きなF1のチーム、マクラーレンのスポンサー♡

ほら、アロンソの胸にも、車にも「CHANDON」って書いてあるでしょ。

f:id:hello-mommy:20180502141456j:plain 

せっかくF1観戦でメルボルンに来たんだから、気分が盛り上がっているF1決勝の翌日にシャンドンに行きたい。

と、約半年前にワイナリーツアーを予約。

Mrジョンツアーのチャーターで、希望通りの最高のシャンドン訪問ができました。

 

Mrジョンツアーのチャーターを選んだ理由

ワイナリーツアーは、2017年6月ニューヨーク以来。

4軒ものワイナリーを巡り、とても充実したツアーだった!!

でも、1軒目で気分よく飲み過ぎ、その後はテイスティングをパスしたのよね。

 

今回は、うちと同じ、3歳の子連れママ友(メルボルン郊外在住)とのシャンドン訪問。

約1時間毎にワイナリーを巡るツアーでは、子供の面倒だけで終わってしまうことが最大の懸念。

そして、お友達は無類のMOET好き♡
MOETの傘下のシャンドンでゆっくりランチしたい!

  

シャンドンにゆっくり滞在できるツアーを探しをしたけど、存在せず。

Uberでの移動や、Skylimoのタクシーチャーターも検討したけど、やっぱり不安。

 

そこで見つけたのが、Mrジョンツアーのチャーター

ワイナリーツアーやグレートオーシャンロードツアーも企画・運営している旅行会社で、メルボルン在住の駐妻Mさんもオススメ。

www.mrjohntours.com

「大人2名、幼児3名で、できればシャンドンでゆっくり試飲とランチをしたい」と伝えたところ、「ヨカ、ヨカ」との返事が。メールもとってもフレンドリーです。

値段もとても良心的。チャーターなので高くなるかと思ったら、既存のツアーと変わらない。メルボルン郊外まで送迎してくれるので、むしろお得なくらい。

 

スケジュールもばっちり。平日朝の道路事情を考慮したスケジュールを提案いただき、シャンドンで2時間以上の滞在が可能になりました。

9:15 メルボルン郊外でお友達親子ピックアップ

10:00 メルボルン市内で私達親子ピックアップ

11:00 シャンドン着、テイスティング

12:00 シャンドンでランチ

13:15 シャンドン出発

14:15 メルボルン市内で私達親子ドロップ

14:45 メルボルン郊外でお友達親子ドロップ 

 

いざヤラ・バレーへ

当日は、メルボルン市内のCLARION SUITESというホテルでピックアップ。

の予定が、朝食をとっていたカフェ近くのHoliday Inn前に変更。

f:id:hello-mommy:20180502162136j:plain

11人乗りのバンでお迎え。なんと、運転手は、ジョンさん本人です!!!

わーい、ジョンさんに会ってみたかったの〜(^o^)

バンにも「ヨカ!ヨカ!」とジョンさん語が書かれています笑

 

安全にも気をつかっていて、子供達3人にチャイルドシートを用意してくれました。

また、3歳の子供の横には親がつくように、座席配置にも配慮。

 

 

さて、シャンドンまではメルボルン市内から車で約1時間。

道中も、ジョンさん(と私のママ友)とのお喋りと、ジョンさん作成のクイズで大盛り上がり!!

 

f:id:hello-mommy:20180502165601j:plain

あっという間に、それらしい風景に。

オーストラリアの3月は秋。日本と同じように、葉っぱも赤くのね。

 

f:id:hello-mommy:20180502165833j:plain

ぶどう畑。収穫はちょうど終わった後。例年3月初めのようです。

 

シャンドン到着

予定どおり11時頃シャンドン到着。左に行くと、建物入り口です。

f:id:hello-mommy:20180428174426j:plain

 

右側から覗いてみる。

f:id:hello-mommy:20180428174504j:plain

左(建物の中)がラウンジエリア。外にはテラス。

 

f:id:hello-mommy:20180428174646j:plain

テラスの前に広がるぶどう畑。

天気は曇り。天気予報では雨だったので、晴れ女パワーも少し発揮。

 

まっすぐいくと貯蔵庫・醸造庫。

f:id:hello-mommy:20180502171649j:plain

この長い廊下だけでも気分があがる〜♪

でも、飲んで食べて喋っていたら、あっという間に時間が過ぎ、見学できなかった。

 

さて、中に入ると、目の前はレセプション。

f:id:hello-mommy:20180502172819j:plain

右側がラウンジエリア。左側(写真外)がテイスティングエリア。

 

f:id:hello-mommy:20180502173055j:plain

テイスティングエリア。6種のテイスティングをしたのはここ。

 

f:id:hello-mommy:20180502173304j:plain

テイスティングエリアの後ろ(ラウンジ側)に階段があり、それを登ると

 

f:id:hello-mommy:20180502173538j:plain

うわ〜、見たかったこの景色☆

写真におさめることができたので、もう満足。

 

f:id:hello-mommy:20180502180059j:plain

この2階には個室が2つあって、名前がついていた。

STRATHBOGIE(ストラスボギー)とWHITLANDS(ウィットランド)。

どちらも、ワインにゆかりのある土地らしい。

 

6種のテイスティング

さて、お楽しみのテイスティング

6種のティスティング、SPLASH TASTING $12

ボトルでスパークリングワインを購入すると、$6が戻ってくるようです。

私達の場合は、ジョンさんツアーの中に、テイスティング料金が含まれていました。

f:id:hello-mommy:20180502185348j:plain

f:id:hello-mommy:20180502185507j:plain

 

フライトNo.1 Chandon Vintage Blanc de Blancs 2013 $39

シャルドネ100%

繊細な泡で、最初の1杯に最適☆

f:id:hello-mommy:20180502185016j:plain

 

フライトNo.2 Chandon Vintage Bruit 2013 $35

シャルドネピノ・ノワールピノ・ムニエ

シャンドンの主力商品。日本では、これの1つ格下の Chandon Bruitが多いよね。

ブランドブランと比較すると、口当たりしっかり。

f:id:hello-mommy:20180502185720j:plain

 

フライトNo.3 Chandon Vintage Bruit Rose 2013 $39

シャルドネピノ・ノワールピノ・ムニエ

普段あまりロゼを飲まないけど、テイスティングすると、美味しいと感じる。

f:id:hello-mommy:20180502191402j:plain

 

フライトNo.4 Domaine Chandon Barrel Selection Pinot Meunier 2016 $46

ピノ・ムニエ100%

この1種のみ、スパークリングワインではなく、スティルワインでした。

シャンドンで、スティルワインを販売していることに驚き。

f:id:hello-mommy:20180502191747j:plain

 

フライトNo.5 Chandon Sparkling Pinot Shiraz NV $35

ピノ・ノワール、シラーズ

赤のスパークリングワイン。これが一番気になっていたの。

f:id:hello-mommy:20180502191822j:plain

気になっていた理由は、フォロワーのcobuさんの記事。

JAL メルボルン線就航 2日目ヤラバレーのワイナリーツアーへ行ってきました。 - take a short trip 〜 ちょっとお空を飛んできます♪

なんと、私の憧れ弾丸トラベラー、MAIRELさんも2本買っていました。

『メルボルンのクリスマス』メルボルン(オーストラリア)の旅行記・ブログ by MARIELさん【フォートラベル】

 

フライトNo.6 Chandon Cuvee Riche NV $35

シャルドネピノ・ノワールピノ・ムニエ

ちょっと甘みがあるので、好き嫌い分かれるかも。

f:id:hello-mommy:20180502191856j:plain

 

念願のシャンドンランチ

ラウンジエリアで、念願のランチ。

シャンドン、実は改装をしていたようで、つい最近(12月か1月頃)改装工事が終わったばかりのようです。

f:id:hello-mommy:20180503030944j:plain

 

ランチは、ジョンさんツアーに含まれていて、オードブル中心の軽めのもの。

ジョンさんが、生牡蠣やポテトもサービスしてくれました♡

f:id:hello-mommy:20180503032146j:plain

f:id:hello-mommy:20180503032243j:plain

f:id:hello-mommy:20180503032309j:plain

f:id:hello-mommy:20180503032335j:plain

パンやチーズって、けっこうお腹いっぱいになるのね。

十分な量でした。

 

飲みものは、ラウンジエリア内のカウンターでオーダー(有料)。

f:id:hello-mommy:20180503032709j:plain

「サンプルね」と、何杯か無料で飲ませてもらいました。

 

私が気に入ったのはこちら。

Chanson S Orange Bitters

オレンジアロマのスパークリングで、氷とオレンジの皮を浮かべて飲むスタイル。

2017年1月(オーストラリアの夏)にローンチされたものらしい。

f:id:hello-mommy:20180503033002j:plain

見た目、とってもオシャレ〜☆

味もすごく美味しく、視覚効果が最高。

 

ブティックでお土産購入

f:id:hello-mommy:20180503040249j:plain

お土産のスパークリングワインを買うところは、Boutiqueと呼ばれています。

これまたオシャレで購買意欲をそそるエリアなんだな。

 

その奥にはレストラン。

f:id:hello-mommy:20180503040657j:plain

f:id:hello-mommy:20180503040747j:plain

次はレストランでランチしたい。

 

さて、ブティックではこんな限定品も売っていました。

f:id:hello-mommy:20180503041201j:plain

シャンドン30周年記念スパークリング。

お値段なかなかだけど、限定品なので、お土産に買えばよかったかしら。

 

シャンドン一押しは、やはりChandon S。

f:id:hello-mommy:20180503041348j:plain

ここにも。

f:id:hello-mommy:20180503041453j:plain

レジに一番近いここにも。

 

f:id:hello-mommy:20180503042525j:plain

スティルワインも売ってました。

 

ジョンさんのおかげで・・・

f:id:hello-mommy:20180503043146j:plain

久しぶりの友達との再会で、私と友達はティスティングとお喋りに夢中。

ジョンさんは、合間に、子供達を散歩させてくれました。

2時間ちょっとのシャンドン滞在はあっという間。

ジョンさんも、「旅行企画も、運転も、チャイルドケアもできるのは、僕しかいないよ」と、冗談で言ってました(笑)

ジョンさんのおかげで、最高の時間☆ ジョンさん、ありがとう〜♡

 

今回の戦利品

f:id:hello-mommy:20180503043903j:plain

Chanson S Orange Bitters 

Chandon Yarra Valley Cuvee

シャンドンのワイナリーでしか買えないものを買いたいと言って、店員さんに教えてもらったのが、Yarra Valley Cuvee。

私は試飲していなかったんだけど、友達が試飲済で「これが一番好き」と。

友達の言葉を信じて、お買い上げ〜。

もちろん、一目惚れしたChando Sも。

 

シャンドンのロゴ入りストッパーと、エアパック、ポーラーも買いました。

 

月と星のマーク☆ 

シャンドンのロゴって、やっぱり好きだわ♡

 

関連記事